みんなの育児 [みん育]:地域密着型「我が家の子育てスタイル」発見サイト

一覧へ

幼稚園
執筆者: 一般ユーザー さん
履歴   編集   削除

 幼稚園のPTA活動のメリット

子供が幼稚園に入園するとママの生活環境にも変化が生まれます。これを機にお仕事を再開される方も多いと思いますが、もう少し様子をみてからと考えている方は、是非その時間を活用して、保護者のPTA活動への参加もご検討してみて下さい。

ここではPTA活動のメリットをご紹介します。子育てのつもりが気付けば親育ての場になるかもしれません。

単なるママ友ではなく、行事を通じて親同士の交流が生まれる。

幼稚園の行事では、PTA役員に協力を依頼される事も多々あると思います。ママたちの中には、普段の姿からは想像できないような積極性を見せてくれたり、手先が器用で、いかにも子供たちが喜びそうな演出や装飾をしてくれる人がいたりするものです。そんな発見をきっかけにして話題の幅も広がり、お仕事や趣味の世界でも接点が生まれることはめずらしくないと思います。

また、老舗の幼稚園ほど、年間行事や親が参加する活動が多いものです。またPTA活動に限っても独特の雰囲気があったり、初めてのママには入りづらい環境があるかもしれません。ですが、家にいて日々の子育てに悩みがちな人こそ、あえてその中に入ってみることをおすすめします。

先生方との連携が取りやすく、日常の「困った」を相談しやすい環境が作れる

普段の送り迎えでは時間が限られているので、ちょっとした相談はなかなかしづらいのがママの本音だと思います。役得といってはいけないかもしれませんが、役員をしていると必然的に先生方との時間も増えますので、そんなチャンスを利用してお話を伺うことができることも一つのメリットではないでしょうか。

園外活動に参加することで、自分の子育てを客観的にとらえることができる

ここでの園外活動とは、各地域の幼稚園連合会などが主催する講演会や子育てセミナーへの参加を指していますが、普段ではなかなかお目にかかれない著名な方のお話を聞いたり、コンサート形式で音楽を楽しめたりと内容もそれなりに充実しているものです。

また、基本的にターゲットが園児の母向けであるものがほとんどで、共感できる点は多いはずですし、満足度も高いのではないかと思います。

子供の成長をより身近に見ることができる

一般の保護者は見ることができないお遊戯会のリハーサル風景など、本番とはまた違ったお子さんの姿に目を潤ませることもしばしばです。逆にお子さんから見ても、行事の度にママが近くにいる安心感は必要な事ではないでしょうか。

そしてお子さんが卒園する頃には、一人のママとして成長した自分にも気付かれるはずです。

2017/04/11 06:11 更新
Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

コメント

0

新規コメント