みんなの育児 [みん育]:地域密着型「我が家の子育てスタイル」発見サイト

一覧へ

習い事
執筆者: 一般ユーザー さん
履歴   編集   削除

 子供に合う習い事を選ぶポイント

小さいお子様の習い事は親が決めて習わせるので、そのうち子供が嫌がることは多いです。何が自分の子供に向いている習い事なのかと悩む親は多いと思います。そこで、子供に合った習い事を選ぶポイントをまとめてみました。

探し方・方法

1.子供が興味あること、好きなことは何かを考える

・子供の長所を伸ばせるように探してあげる(自分の子供の様子を観察していると探しやすくなります)

・子供が話を理解し、気持ちが言えるのであれば聞くことが大切

2. 習い事の知識を持つ

・選んだ習い事をすることでどんな効果やメリットが期待できるのかを知る

・子供の体力や知力が、始めさせて効果が有るのかを見極めることも重要

3.きっかけ

喘息の子供には水泳:実際に長期間通っていることで喘息発作の回数が減っていることもあるようです。

持久走大会:持久走で早くなりたいからと、運動系の習い事を考える子供もいます。

漫画やテレビの影響:一時的でも子供が興味を持ったタイミングで、体験させることも大事です。

できるだけ失敗しない選び方

1.タイミング

・学校生活や幼稚園・保育園生活に慣れてきてから始めると生活リズムの乱れが少ない

・周りのお友達がやっていることで興味を持った様子を示したの時は、話をよく聞いてあげる

・子供が興味を持つ、持てる時期を見計らう(早い年齢から始めるといいというわけではありません)

2.行動する

・教室を色々と探して、通っている人が居たら評判を聞いてみる(口コミは選ぶ際でとても重要になります)

・無料体験、有料体験どちらか体験させる

・体験の際には子供の表情や意欲を見て、終わり後に、子供話をして感想を聞く

・何件かの体験をして、見学することも比較対象になるのでオススメ

教室のチェック

・月謝だけでなく、諸費用についても把握する

・我が子に合った教室の指導方針であるかも見る(特に運動系の習い事では、子供の挫折に繋がることがあります)

・兄弟がいる家庭は、小さな下の子供を連れて通わせることが自分でできるかのチェックする

参考

子供に合った習い事選びの方法

子供の習い事ランキング|実体験からわかる月謝とメリット

子供を伸ばすスポーツの習い事まとめ!メリットや費用は? - こそだてハック

2017/03/31 03:05 更新
Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

コメント

0

新規コメント