みんなの育児 [みん育]:地域密着型「我が家の子育てスタイル」発見サイト

一覧へ

テーマパーク
執筆者: 一般ユーザー さん
履歴   編集   削除

【福島県】アクアマリンふくしま

子供たちは動く魚が大好きです。そんな子供たちが喜びそして体験できる福島県にある水族館を紹介したいと思います。

こちらの施設は地上4階建ての施設になり、全館バリアフリー設計になっています。

*福島県在住の方はファミたんカードを持っていくと良いでしょう。色々な施設でサービスが受けられます

屋内展示

4階

4階には福島の川・沿岸の魚・生物を見ることができます。それぞれの魚たちの生活の様子を再現して展示しています。子供達とどこにどんな生物が隠れているのか、探しながら見るのも楽しいかもしれません。

天井がガラス張りでとても気持ちが良い空間になっています。

3階

北の海獣・水鳥

こちらではゴマアザラシ・トド・クラカケアアザラシ(日本で飼育されているのはここだけ2016年時点・冬季のみ展示)等が展示されています。

普段は見られない海獣たちに子供達も驚く事でしょう。トド等の鳴き声は外まで聞こえることもあり、迫力があります。エサやりの時間もありますので、ぜひチェックしてみてください。

オセアニックガリレア~海の博物館~

阿武隈高地の自然や世界の環境問題等を取りあげたエリアです。

こちらの水族館ではただ魚をみるという事だけでは無く、沢山の事を学ぶ事が出来るのも特徴です。お子さんと一緒に展示を見て、沢山の事を話し合うきっかけにもなるかもしれません。少し大きなお子さんでは夏休みの自由研究の題材にもなるかもしれません。

熱帯アジアの水辺

熱帯アジアの生き物を展示しています。自然環境を再現したエリアで、魚たちの他にも植物にも気をつけてみると面白いかもしれません。

2階

サンゴ礁の海

黒潮源流のサンゴ礁の海に生息する生き物たちを展示しているエリアです。色とりどりの魚たちが泳ぐ姿はとても綺麗です。ニモに出てくる魚も沢山いますよ。

親潮のアイスボックス

南の海の色とりどりの魚たちとは違い、北の海の魚たちは淡色の地味なイメージがあります。しかし、岩場等のぞけば沢山のユニークな生き物たちに出会えます。

こちらに展示してあるタマコンニャクウオは世界にもアクアマリンふくしまでしか展示していない生き物です。他にもたくさんの珍しい生き物が沢山居ます。生き物のパネル等もチェックして沢山の知識を手に入れましょう。

潮目の海

アクアマリンふくしまの見どころの一つである2階から4階まで吹き抜けの大きな水槽になります。沢山の魚が群れをなして泳ぐ姿は圧巻。またサメも多く泳いでいます。

三角形のトンネルは世界初で、子供達と一緒に頭の上を優雅に泳ぐ魚たちに大人も感動してしまいます。

1階

生き物を下からのぞいたり顔を入れたり出来るユニークな水槽が並んでいます。

子供と海老やカニとの素敵な写真が撮れるかもしれません。

アクアマリンえっぐ 子供体験館

名の通り子供たちが楽しく沢山の事を体験できるエリアになります。

命をいただく 釣り場

自分で釣った魚をその場で揚げて食べることが出来ます。調理をしながら魚の体の説明もしてくれます。

竿貸し出し 1000円

一匹    100円~(調理代含む)

調理体験

釣った魚を自分で調理することが出来ます。料金は無料ですが、時間帯が決まっているため注意しましょう。

こちらのアリアには、絵本やぬいぐるみ、クッション等があり赤ちゃんでも遊ぶことの出来る場所もあります。

アクアマリンうおのぞき

こちらのエリアにはタッチプールがあり、ヒトデやナマコ・ヤドカリアドの生きた生物に直接触り体験することが出来ます。

また、漁具を多数展示しており、直接見て触って学ぶ事のできるエリアです。ほたて・ホンビノスガイを炭火で美味しく食べることの出来るスペースもあります。

時間 10:00~14:30 ほたて250円 ホンビノスガイ2個250円

生きた芸術 金魚

こちらにはかわいらしい、金魚が沢山泳いでいます。水疱眼という金魚は思わず笑ってしまうような風変わりな金魚ですが、取り扱いが難しいといわれている金魚など、珍しい金魚も沢山泳いでいます。

シーラカンスの世界

アクアマリンふくしまではシーラカンスの調査に力を入れています。シーラカンスの標本は、内蔵や骨格を見ることの出来る大変貴重なものです。世界で初めて撮影に成功した稚魚の映像も放映しています。

屋外

蛇の目ビーチ

PICHPICHいそ・JUBJUBひがた・RUNRUNはまという海辺を再現した3つのエリアから出来ています。

世界最大級のタッチプールです。子供も大人も裸足になって沢山の生き物を探しましょう。

遊ぶ場合は着替え・タオル・ビーチサンダルを持参すると便利です。

入館料

一般:1800円 小~高校生900円

年間パスポート

一般:4200円 小~高校生2100円

2.4回分の料金なので何回か行く予定があれば年間パスポートがお得かもしれません。

注意点

大型連休・夏休み等は大変混み合います。

特にベビーカーでは移動が大変な事もあります。そんな時の為に抱っこひもを持参すると良いかもしれません。また館内暗い場所も多く、子供たちを見失わないように常に手をつないで行動しましょう。

周辺情報

アクアマリンふくしま周辺には沢山の観光スポットがありますので、いくつか紹介したいと思います。

いわき・ら・ら・ミュウ

アクアマリンふくしまの隣にある施設で、歩いていくことが出来ます。

こちらには沢山の海鮮丼が食べられる店が入っています。

どこの店も新鮮でおいしい食事を摂ることが出来ます。

また新鮮な魚を売っているお店も並んでおり、お土産にもお勧めです。

他にも親子で遊ぶことの出来るわんぱくひろばみゅうみゅうや、

遊覧船で巡るデイクルーズ等もあり楽しむことが出来ます。

三崎公園・いわきマリンタワー

アクアマリンふくしまから車で10分位の所にはとても大きな公園があります。

お弁当を持ってピクニックしたり、子供達と思いっきり遊ぶことが出来ます。

いわきマリンタワーは約60mもの高さがあり、いわき市内が一望できます。

イオンモールいわき小名浜(2018年夏グランドオープン予定)

アクアマリンふくしまの目の前に大型のイオンモールがオープン予定です。

多くのテナントが入る予定です。

参考

アクアマリンふくしま

2017/12/12 18:03 更新
Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

コメント

0

新規コメント