みんなの育児 [みん育]:地域密着型「我が家の子育てスタイル」発見サイト

 子ども用矯正箸の種類

子ども用矯正箸とは

箸を持つ際に指を通すためのリングが付いているもの(リング付きタイプ)と付いていないもの(リング無しタイプ)とに大別されます。以下に、それぞれの特徴をまとめます。

リング付きタイプ

お箸トレーニング,子ども,箸,おすすめ

出典:cozre子育てマガジン

リング無しタイプ

コンビ ベビーレーベル はじめてサポート おはし LU ( レーベルネーブル ),子ども,箸,おすすめ

出典:Amazon

リング付きタイプ

リング付きタイプは、リングに所定の指を通した際に、箸全体が手に固定されます。なので、子どもが簡単にお箸を持つことができて、短期間で食べものを掴むことができます。

よって、子ども自身がお箸を持つことに早く慣れて自信を持つことができると思います。

ただし、リング付きタイプは、箸全体が手に固定されるので、リング付きタイプに慣れすぎると普通のお箸を持つことがなかなかできなくなってしまいます。

リング無しタイプ

リング無しタイプは、箸の一部が連結されており、箸の開閉のみが補助されているものです。

よって、リング無しタイプは箸全体が手に固定されないため、リング付きタイプと比較して、子どもが箸に慣れるのに少しだけ時間が掛かってしまうかもしれませんが、リング無しタイプに慣れると、普通の箸を使えるようになるまであと一歩!というイメージをママやパパが持てるかもしれません。

例えば、リング付きタイプを使用することで食べ物を箸で掴む感覚を覚えた後、リング無しタイプを使用することで箸を手で持つ感覚を身に着け、最後に普通のお箸を使い始めるとスムーズにお箸が使えるようになると思います。

参考

子供の箸には六角がオススメ!エジソンのお箸を卒業する方法 | MARCH(マーチ)

子ども用お箸はいつから?選び方と人気のおすすめ10選|cozre[コズレ] 子育てマガジン

2018/05/02 更新

0

+ページを作成する

Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

みんなの感想・コメント