みんなの育児 [みん育]:地域密着型「我が家の子育てスタイル」発見サイト

 幼児向け英会話教室

2020年から小学3年生から公立小学校でも英語の授業が行われます。その影響もあり、習い事として幼児期の子どもに英会話を習わすママやパパが増えているそうです。

小学校等における英語教育の前に「英語に触れる」という観点では、自分の意思表示がしっかりできるようになる2~3歳くらいからの方が期待できるかもしれません。例えば、幼児向け英会話教室で英語に触れる経験をすることにより、小学校等において抵抗なく英語の授業を受けることができると思います。

幼児向け英会話教室とは

幼児向け英会話教室では、机に向かって勉強するスタイルではなく、歌やゲーム、絵本の読み聞かせを通して英語を学ぶことができます。

また、幼児向け英会話教室では、未就学児や未就園児だけでなく、乳児期の子どもを通わせることもでき、ママやパパも一緒に参加することができるものもあります。

幼児向け英会話教室を、幼児期の英語教育を目的とするだけでなく、親と子どもとのコミュニケーションツールとして利用する、または、友達と出会うことのできる子育て支援センター等として利用することもできるかと思います。

期待できること

歌やゲームで身体を動かしながら先生や周りの友達と遊ぶ感覚で参加するので、子ども自身が楽しく英語を学ぶことができる共に、コミュニケーション能力も養うことができます。

また、ママやパパが一緒に参加することにより、我が子とのコミュニケーションを取る機会を得ることができます。

利用するにあたり気を付けたいこと

子どもが英語を嫌がっていないかをよく見極める必要があります。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、特に幼いころは子ども自身が楽しく英語を学ぶことが今後の英語教育の良いスタートを切れるのではと思います。

参考

幼児が「英会話」に触れるメリットは!? “教室選び”のポイントも紹介 |子ども英会話関連ニュース

小学生の英語教育が変わる! こども英語教室選びで考えたい “将来使える英語”とは | 小学生からTOEIC®・TOEFL®ハイスコアを目指す、子ども英語教室レプトン(Lepton)

2018/05/07 更新

0

+ページを作成する

Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

みんなの感想・コメント