みんなの育児 [みん育]:地域密着型「我が家の子育てスタイル」発見サイト

TOP 子育てWiki 妊娠・出産 妊娠 妊娠しやすい体づくり

 妊娠しやすい体づくり

「そろそろいいかな?」「こどもが欲しいな。」と妊娠を望んでいらっしゃる方多いのではないでしょうか。そんな方へ赤ちゃんを授かりやすい体に整える方法をまとめてみました。

適度な運動

代謝の良い健康な体だと赤ちゃんを授かりやすいと言われています。

犬の散歩をする、朝にウォーキングをする、ジムに行くなど、体を動かす方法は生活スタイルによって様々です。朝起きたときや夜お風呂から出た後にストレッチをするなど、心地よい程度に体を動かしてリフレッシュするのもよいでしょう。日常に無理なくうまく取り入れて習慣化しましょう。

バランスの良い食事

赤ちゃんをお腹の中で育てるには、赤ちゃんとご自身2人分のたくさんの栄養素が必要になります。赤ちゃんを授かるに前に、バランスの良い食事でご自身の体内環境をよくしておくのも準備のひとつと言えるかもしれません。

女性が積極的に摂りたい三大栄養素は「葉酸」「鉄」「カルシウム」。特に葉酸はお腹の中の赤ちゃんの脳や神経の発達に関わる重要な栄養素です。

ホウレンソウなどの葉野菜、大豆、レバーなどに多く含まれています。野菜は1日350g以上を目標に摂取しましょう。野菜が苦手な方は豆類を工夫して摂るようにします。サプリメントを使って摂取するのも効果的です。

睡眠、休養、メンタルヘルス

なかなか妊娠しない、早く妊娠したい、周囲からの妊娠への期待など、精神的なストレスがあると妊娠しにくいことがあります。

ストレスは男性、女性双方にとって性ホルモンの天敵となります。きちんと休養をとり、ご自身にあったリラクゼーションを上手に取り入れてストレスと疲労をため込まないようにしましょう。

リラックスした状態で、これから授かる赤ちゃんのことを考えてみましょう。優しい気持ちになりますね。赤ちゃんはそんなお母さんの元に来たいと思うのではないでしょうか。温かい気持ちでその日を迎えるのも素敵ですね。

健康で幸福感に溢れ、リラックスした状態でパートナーと愛を育むことが新しい命を授かる準備といえるのかもしれません。

参考

妊娠しやすい体づくりに効果的な生活習慣はありますか。 | オムロン式美人

妊娠しやすい体になるためには | みずうち産科婦人科 * 北海道旭川市の婦人科・不妊症のクリニック、みずうち産科婦人科

あなたにとって「適度な運動」はコレ!今すぐ始めよう! | +healthcare | ドコモ・ヘルスケア

2018/10/29 更新

0

+ページを作成する

Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

みんなの感想・コメント