みんなの育児 [みん育]:地域密着型「我が家の子育てスタイル」発見サイト

桃の節句・ひな祭り
執筆者: 一般ユーザー さん
履歴   変更を提案 削除

 初節句のお祝いについて

初節句とは、生まれて最初に迎える節句の日に赤ちゃんの健康や成長を祈る大切なイベントです。

家族や祖父母を招いてお祝いの席を囲みます。男の子は5月の端午の節句。女の子は3月の桃の節句の際にお祝いします。

ここでは女の子の桃の節句のお祝いの仕方をまとめます。

時期

桃の節句とは3月3日のおひな様の事です。お祝いをするならば、家族の都合に合わせて、その前後に日程を組むと良いでしょう。3月3日当日でなければならないということはないため、ご安心ください。しかし、基本的にお祝い事は前倒しするほうが良いとされています。可能であれば3月3日以前で日程を組む方が良いです。

また初節句のお祝いは赤ちゃんが生まれて初めての節句に行いますが、赤ちゃんが1月以降に生まれたりと低月齢である場合は、一年延ばして1歳になってからでも問題ありません。

料理

桃の節句の代表的な食事は、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、ひなあられが有名です。献立というよりもそこに使われる食材そのものに意味があります。例えば、はまぐりは2枚貝と言われ、貝殻2枚が対になっていないとピッタリ合いません。このことから、「一人の人と添い遂げられるように」という願いが込められています。

また意味はもちろん、彩りきれいなちらし寿司は席に華を添えますのでお勧めです。

服装

親戚などをお招きしてお祝いをするのであれば、ホストであるご両親はスーツ、それに準ずる正装でお迎えする方が良いでしょう。

赤ちゃんの服装はなんでも構いませんが、今は赤ちゃん用の袴ロンパースなども売っています。

引き出物・引き菓子

お祝い事ですので、お雛様をいただいたり、お祝いをいただくことがあるかと思います。お祝いをいただいたらできるだけ早く、内祝いをお送りしましょう。

お祝いは半返しという言葉もありますが、祖父母に高価なおひな様をいただいた場合には半返しにする必要もありません。お気持ちでいただいてるという事もあるでしょうから、他の方と同等もしくは少しだけ高価な物という選び方で良いでしょう。

熨斗は、上が初節句内祝、下がお子さんのお名前というのが一般的です。

参考

【女の子の初節句】お祝いの仕方や料理・衣装は?ステキな記念日にしよう! | ままのて

2019/02/21 更新

0

+ページを作成する

Wikiページは匿名を含む多数の方々のご協力により編纂されております。 記載内容の正否につきましてはご自身の判断にてお願い致します。

みんなの感想・コメント